2020年1月【資産公開】米国株のポートフォリオ公開します

ペリカン(@Pelican_Blog )です。
本日も、ブログをご覧いただきありがとうございます┏○))ペコ

10年程前も米国株は保有しておりましたが情報も少なく買付手数料も割高なこともあり自然と遠ざかり、微益で確定後は一切取引はしておりませんでした…

当時、買った株価と現在の株価を比べると”テンバガー”続出でした…_| ̄|○

テンバガーとは
株価が10倍になった銘柄、なりそうな銘柄のこと。野球用語でバガーは塁打を意味し、一試合で10塁打(テンバガー)を記録するくらいの勢いで株価が急騰し、10倍まで跳ね上がる銘柄をテンバガーと呼ぶ。
引用:野村證券 証券用語解説集より

タラレバはさておき…

現在の米国株ポートフォリオはこちら

↓スクロールします

銘柄現在値保有数取得単価現在評価評価損益
 ABBV: アッヴィ

89.40

50

74.21

4,470.0

759.5

CSCO :シスコ システムズ

47.80

30

46.57

1,434.0

36.9

 JNJ:ジョンソン & ジョンソン

144.10

20

131.00

2,882.0

262.0

 MO:アルトリア グループ

49.83

70

41.10

3,488.1

611.1

 RDSB:ロイヤル ダッチ シェル

61.98

120

57.79

7,437.6

502.8

 UBER:ウーバー テクノロジーズ

31.58

50

28.65

1,579.0

146.5

合  計21,290.72,318.8

現在値=2019年12月30日終値

全体で言えば18,971ドル→21,290ドル

含み益は2,318ドル

購入してからの配当金がこちら

2019/11/18米国ドルABBV:アッヴィ38.49
2019/12/11米国ドルJNJ:ジョンソン&J13.68
2019/12/19米国ドルRDSB:ロイヤルダッチ45.09
合  計97.26

わずかな期間ですが約100ドルの配当金を得ることができました。

米国株は基本的に長期投資予定

現在狙っている米国株(ETF含)はSPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF(SPYD)で38ドル付近で購入できなかなぁ~と考えてます

SPYDは分配利回りも4.5%程度あり、保有後は”ほったらかし投資法”又は”寝たふり投資法”を決め込むつもりです。分配金も全て再投資に回してさらに効率UPしたいと思っております。

寝たふり

軍資金の3万ドルはFX口座から銀行口座へ移動

FXで塩漬けになっている米ドルはありませんか?あまり知られていませんが、対応している業者でしたら証拠金取引の買建玉を受渡し(現受け)が出来ます。

私はUSDの一部の建玉30,000USDを「受渡し」します。株で言うと現受けです。

2012/10/18 に1USD を80.950で

↑の建玉のうち30,000USDを受渡。(現受け)

つまり、数年前に1ドル=80.95円で10万ドルのポジションを建てた訳ですが、あくまで”ポジション”なので242万8500円払って3万ドルを銀行口座に振り込んでもらいます。

3万ドルが年末に2020年末にはどうなっているか…楽しみですね♪

目標は10%増えて3万3千ドル♡

やる気

気になるFXのポジションの現引きに関しての税金は?

私もよく分からないので実際に税務署にアポイントを取ったうえで聞きに行ってきました。

質問は……

ペリカン
証拠金取引から現引きした建玉(80.95円)はどのタイミングで税金がかかりますか?
税務署
他の通貨に換えた時に売却益があれば税金が掛かります。

シンプルですね。要するに、ドルのままであるなら口座の移動では税金は掛かりません。(←まあそりゃそうだ。)

ドルを円に関わらずユーロやスイスフランなど他の通貨に換えた段階で納税確定(売却益があれば)となります。

脱税は絶対にバレますので適切に申告しましょう。税務署からくる『おたずね』にびくびくするのは嫌だしね。

米国株投資に再挑戦します!USD資金移動の裏技も公開!

2019年9月3日

最後までお読み頂きありがとうございます


応援して頂けるとありがたいです。よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

楽しくお金と付き合って、ちょっと得する情報を発信。 「初めて知った!」とか 「知らなかったら損するところだった!」とか 共有したいと思う事はブログで発信したいと思います。 40代の子育て家庭です。 そして、数年務めた会社を退職。 まだまだ体力気力もあり次のステージを模索中。←いまここ。