9月優待のWOWOW[4839]について考えてみる

9月銘柄ですが最近は優待取得の準備をかなり前倒しで取得する人も増えてますので個人的にはWOWOW株は1単位、ポートフォリオには入ってますが改めて検証してみたいと思います。

私自身、WOWOWの加入者であり、海外ドラマ、映画、スポーツと家族で楽しんでいます。1ヵ月の2,484円で年間29,808円ですが、長期認定で4か月分の視聴料が無料となります。したがって、年間視聴料は19,872円となります。

優待額はなんと9,936円相当となります。3月の期末配当は1株あたり80円ですので配当利回り2.93%(税引前)、総合利回り6.58%(税引前)
あくまで加入者が視聴料割引をした場合の利回りです。未加入者はクオカード2,000円分ですので3.67%となります。
 (2019年7月10日終値から算出)

WOWOWの株主優待制度に関して

権利確定月は年1回で9月末日で100株以上の株主が対象です。
WOWOWの決算は3月ですが株主優待の確定月は9月なので間違えない様にしてください。

株主優待の内容

(1)、(2)のいずれかを選択

100株以上(1) 視聴優待
WOWOWに加入されていること、 もしくは加入していただくことを条件として、WOWOWの視聴料3ヵ月分無料
また、2年以上継続所有で、WOWOW視聴料がさらに1ヵ月分無料 
・ 優待対象となる加入契約の名義は、株主ご本人または同居のご親族に限るものといたします。 
・ 優待対象となる加入契約は、複数契約されている場合でも1件だけとさせていただきます。 
・ 1加入契約につき1優待となり、同一の加入契約で複数名義の優待は適用いたしません。 
(2) QUOカード
WOWOW特製QUOカード2,000円分

WOWOWのチャート【2年】

WOWOWのチャート【10年】

WOWOWの投資指標 20/03期(連)

予想PER

13.13倍

予想EPS

207.5

実績PBR

1.27倍

実績BPS

2,150.01

予想配当利

2.94%

予想1株配当

80

1株データ更新日:05/31
※最新の株価はこちら (リンク先:Yahoo!ファイナンス)

WOWOWの株主総会のお土産情報

WOWOWは毎年趣向を凝らした、もらったらテンションが上がるお土産を総会出席株主に配布してます。
2019年3月期のお土産は文明堂の特別仕様カステラでした。

補足
最近は公平性の観点から「廃止宣言」する企業が多くなってますので毎回、株主総会の招集通知を確認する事をおすすめします。

WOWOWのまとめ

業績に関してはまず、WOWOWが発表している内容を確認しましょう。

最新の加入状況について。5月の新規加入は61,362件、解約は47,899件で13,463件の純増と、大きな正味増となった。6月の新規加入は58,182件、解約は58,604件で、422件の純減。
各月の加入分析については、5月は井上尚弥のボクシング世界戦、6月は東海テレビとの共同制作ドラマ「ミラーツインズ」が大きな反響を頂き5月6月は大幅な新規加入を獲得することができた。その結果、4~6月の第一四半期の全体の加入も順調に推移し、手ごたえのある形で着地できている。
WOWOWホームページより引用

WOWOWの収益源は何といっても加入者数によって左右されます。2020年3月期の見込みも公表されてます。

WOWOWの加入計画

新規の加入者数↓解約件数↓純増数↑となってますね。中期経営計画では2019年度計画では295万件となってますので中経に対しては未達成で終わる可能性があります。

一方でWOWOWは強固な財務基盤があります。自己資本比率も60%以上あり十分ですね。キャッシュリッチでもあります。2019年3月期末で約527億円も利益余剰金があります。

配当金に関してもWOWOWは「継続的に安定的な配当を目指してまいります」と宣言していますので、加入者数の増減によって配当金が下がるのは当面の間は極めて低いと思います。

加入者者、もしくは加入予定がある人は保有する価値は高いでしょうね。
私も視聴契約継続中に関しては売却する事は無いと思います。

2019年最新株主優待タダ取り【クロス取引】マニュアル

2019年6月18日
注意
※実際に投資する際は最新のデータを確認して自らの判断にて自己責任でお願いします。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

楽しくお金と付き合って、ちょっと得する情報を発信。 「初めて知った!」とか 「知らなかったら損するところだった!」とか 共有したいと思う事はブログで発信したいと思います。 40代の子育て家庭です。 そして、数年務めた会社を退職。 まだまだ体力気力もあり次のステージを模索中。←いまここ。