Twitterはこちら

【2022年】令和3年分確定申告は配当控除の住民税申告不要制度が簡単に!メリットデメリット税金還付まで!その方法とは?

【2022年】令和3年分確定申告は配当控除の住民税申告不要制度が簡単に!メリットデメリット税金還付まで!その方法とは?

ペリカン(@Pelican_Blog )です。
本日も、ブログをご覧いただきありがとうございます┏○))ペコ

 

いよいよ確定申告の時期になってきました。

 

特定口座で配当金を受けている方の多くは「源泉徴収あり」にしていると思います。この「源泉徴収あり」にしていれば、配当金からも自動的に納税が行われており、収入によってはかなり税金が還付されますので年一回の取り戻すチャンスを利用したらいかがでしょうか。

 

 

税金に関しては『朗報』と『悲報』があります(私にとってですが)

 

まずは朗報から。

配当控除を確定申告する際、住民税不申告制度を利用する場合は役所で手続きをする必要がありましたが、令和3年分より確定申告作成ページで1項目入力するだけ。(後ほど図解付きで説明します)

 

そして悲報は、

なんと言っても岸田増税ですね。金融所得課税の増税はもはや25%にするのか30%にするのが既定路線になっています。そして、不意打ちだったのが令和6年度分から配当所得が総合課税への一本化。これは所得が900万円以下の中間層に影響があります。収入が多い裕福層には全く影響はありません。

 

▼詳しくブログに書きましたので興味ある方はみてください。

増税

確定申告によって配当控除でメリットがある方は…

特定口座で配当金が源泉徴収されている方で課税総所得額が900万円以下の方はシミュレーションしてみてください。その上で配当控除を受けるか考えたら良いかと思います。

 

この課税所得900万円というのは、年収ではないためご注意を。収入から給与所得控除や社会保険料などの各種控除を計算後の金額なので年収でいうとさらに高くなります。

 

 

確定申告で「配当所得」を総合課税にするメリットは?

メリットはズバリ税金を取り戻せる事。あと、忘れていけない事は確定申告を自ら行う事でマネーリテラシが向上し、その後の人生に大きく影響する事。個人的には後者のメリットの方が大きいと思います。

 

確定申告で「配当所得」を総合課税にするデメリットは?

冒頭で述べたように令和2年度分までは役所に行って『住民税申告不要』の申請をする必要がありデメリットでしたが令和3年分より確定申告書に記載するだけで手続きは完了するのでデメリットは解消されました。

 

ですので課税総所得額が900万円以下で配当所得があるなら…

 

  1. 源泉徴収票や年間取引報告書の入力
  2. 課税方法は『総合課税』を選択
  3. 『住民税等入力』ページの特定配当等・特定株式等譲渡所得の全部について、住民税で申告不要としますか?の問いに『はい』を選択する

 

たったこれだけで払い過ぎた税金が還付される可能性があります。

 

『申告不要』の申告をすればデメリットは無くなります。

住民税を総合課税ままの場合における保険料等への影響について
 申告分離課税および総合課税での申告をされると、課税の対象となる総所得金額等や合計所得金額に繰り入れられます。その結果、扶養控除や配偶者控除の対象から外れ、扶養者やご自身の住民税額が上がることがあります。この場合、国民健康保険料・介護保険料・後期高齢者医療保険料が上がったり、高齢者の医療機関窓口での自己負担割合が引き上げになることがありますので注意が必要です。

 

米国株の配当金は配当控除を受けることが出来ません

日本国内に本店のある法人から受ける剰余金の配当、利益の配当、剰余金の分配、金銭の分配、証券投資信託の収益の分配などで、確定申告において総合課税の適用を受けた配当所得に限られます。したがって、外国法人から受ける配当等は、配当控除の対象となりません。

国税庁ホームページより引用

つまり米国株投資で得た配当金は控除の対象にならないので注意してください。ただし『外国税額控除』という2重課税された分を確定申告をすることで還付金を得ることができます。

 

よかったらどうぞ↓

国税庁の確定申告コーナーでシミュレーションをしてみましょう。

特に配当金に対して支払った税金は証券会社の特定口座なら自動的に徴収され確定申告も不要となり僅かな労力で取りもせるのに申告しない方も少なくないと思います。

特定口座で上場株式の配当金を受けた場合、所得税および復興特別所得税15.315%と住民税5%を合わせて20.315%が一律で徴収されています。

 

配当金の申告は3パターンから選択できます。

選択出来る3つのパターンとは
  1. 総合課税
  2. 申告分離課税
  3. 申告不要制度(特定口座で源泉徴収済の場合)

今回は配当所得を『総合課税』で申告したらどれだけ還付金があるかを確認するため総合課税を選択します。

所得があっても控除される項目は沢山あります。

控除されるもの(下記表参照)があるなら、確定申告コーナーでシミュレーションするのが一番です。

やり方はとっても簡単です。

とっても簡単です。

配当控除は見落としがちな項目ですが、これを使わない手はありません。

所得控除される代表的な項目
  • 医療費を支払ったとき(医療費控除)
  • 社会保険料控除(iDeCo含む)
  • 生命保険料控除・生命保険料控除の対象となる保険契約等
  • 地震保険料控除・地震保険料控除の対象となる保険契約
  • 一定の寄附金を支払ったとき(寄附金控除)
  • 雑損控除
  • 勤労学生控除
  • 扶養控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 障害者控除
  • 基礎控除
  • 外国税額控除
  • 住宅ローン控除
  • 配当控除

 

 

確定申告で配当金控除を記入するやり方

特定口座口座の場合は証券会社が計算を全部やってくれるので「国税庁の確定申告作成コーナー」を使えば転記のみで完了します。

 

確定申告作成コーナー

 

新規作成か保存データを呼び出して作業を行うか選択してください。

 

確定申告提出方法の選択

 

こちらも、新規作成時のみに選択する事になりますがご自身の提出方法を選択。

 

外国税額控除は所得税から

 

外国税額控除は所得税から『所得税』から控除されますので赤枠の所得税を選択。

 

 

 

新規作成時のみとなりますが必要事項を入力。わからなければ生年月日のみでも問題ありません。

 

 

 

所得金額の入力

 

所得入力のページです『配当所得』をクリックしてください。画面が切り替わります

 

課税方法の選択画面

 

配当所得の課税方法を選択します。今回は『総合課税』を選択してください。
選択後、『特定口座年間取引報告書の内容を入力する』をクリック。

 

tokutei3

 

書面の場合は下のボタンをクリック。

 

tokutei4

 

特定口座年間取引報告書の記載通りに入力してください。また、今回は配当金を申告しますので『配当等』にチェック。

 

実際の特定口座年間取引報告書を入力してみましょう。

tokutei

 

SMBC日興証券から届いた実際の特定口座年間取引報告書ですのでサンプルとしてこちらを入力したいと思います。

受取った配当金の合計は442,770円、所得税が67,793円、住民税が22,137円ですね。

 

特定口座年間取引報告書の内容を転記

 

特定口座年間取引報告書の内容を転記して次へをクリック。

 

入力内容の確認画面

 

確認画面が表示されますので内容に問題が無ければ次へとクリック。

 

配当控除の入力画面

 

配当控除の入力画面が表示されますので「配当控除の入力」をクリック。

 

定口座年間取引報告書を入力

 

特定口座年間取引報告書に記載があれば入力してください。なければ空のままで『計算』ボタンをクリック。

 

確認画面

 

確認画面が表示されますので問題なければ次へをクリック

 

譲渡損失の有無

 

繰り越しの譲渡損失の有無を入力し、次へをクリック。

 

最初の画面にもどり確認

 

最初の画面の『配当所得』欄に配当金額が入力されている事を確認してください。

 

ここから令和3年分より改正されたページです

 

住民税不申告制度

 

『住民税・事業税に関する事項』をクリック

 

住民税不申告制度

 

5項目の住民税を申告不要としますか?の問いは『はい』を選択

 

『はい』を選択したことを最終の申請ページでも改めて確認してくささい。

住民税不申告制度

 

特定配当等・特定株式等譲渡所得の全部の申告不要 欄に〇があれば正解。

 

 

還付金の確認画面

 

画面を進んで行くと還付金の確認画面が表示されます。

 

還付金の受け取り口座の登録

 

還付金の受け取り口座の登録してから、次へでデータ保存、印刷等を行い終了です。

 

 

お疲れさまでした!!

 

 

配当控除を総合課税で申告したら、住民税を申告不要は『はい』!

確定申告で配当所得を総合課税で提出し、住民税不申告をしなければそのデータは各自治体に送られ住民税を計算する元データとなります。つまりこのままでは自治体からは所得が増えたとみなされて国民保険が上がったり保育料があがるなど影響が出ます。

 

還付される金額は所得額によって変わってきます。詳しい詳細は住所地を管轄する所轄税務署、または税理士等へお問い合せください。

 

ポチッてくれると
嬉しいです
m(__)m

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

 

【おすすめ証券会社ベスト3】株主優待タダ取り(クロス取引)するなら

SBI
rakuten
日興証券

合わせて読みたい記事

ABOUT US

Pelican
楽しくお金と付き合って、ちょっと得する情報を発信。 「初めて知った!」とか 「知らなかったら損するところだった!」とか 共有したいと思う事はブログで発信したいと思います。 40代の子育て家庭です。 そして、数年務めた会社を退職。 まだまだ体力気力もあり次のステージを模索中。←いまここ。