Twitterはこちら

【米国高配当株】ABBVアッヴィから配当金が振りこまれました!!

ペリカン(@Pelican_Blog )です。
本日も、ブログをご覧いただきありがとうございます┏○))ペコ

米国株のABBVアッヴィから配当金が振りこまれました~~。日本株の場合、配当金は年に2回もしくは1回がほとんどだと思いいますが……米国株の場合は4半期毎の年4回が基本。配当利回り同じなら2回より4回の方が嬉しい…ですよね!!!

 

\ キターーーーーーッ!!!! /

\ アタシ今、人生で一番幸せよ/

米国株ABBVアッヴィの配当金明細書
米国株ABBVアッヴィの配当金明細書

ABBVからの配当金額は……

今回振り込まれたのは2020年1月15日が配当基準日なった分ですね。保有していたのは50株で$59(一株あたり$1.18)となりました。

ただし…特定口座の場合$59から税金が差し引かれます。お馴染みの奴ですね…そう、所得税と地方税。

スルー出来ないのが『外国源泉徴収税額』の$5.9です。←2重課税な。

米国と日本の2重課税である外国源泉徴収税額は申告する事で取り戻せます。

所得によりますが……多くの方は2重課税された、税金は確定申告をすることによって還付されます。シミュレーションだけでもやってみたらいかがでしょうか♪

2020年分「米国株の確定申告で二重課税の還付を受けるやり方」はこちら

【メリット・デメリット】確定申告で配当金の税金を取りもせる!その方法とは?

ABBVアッヴィの配当金の推移はこちら…

配当基準日 配当支払日 配当
1/15/2020 2/14/2020 $1.18
10/15/2019 11/15/2019 $1.07
7/15/2019 8/15/2019 $1.07
4/15/2019 5/15/2019 $1.07
1/15/2019 2/15/2019 $1.07
10/15/2018 11/15/2018 $0.96
7/13/2018 8/15/2018 $0.96
4/13/2018 5/15/2018 $0.96
1/12/2018 2/15/2018 $0.71
10/13/2017 11/15/2017 $0.64
7/11/2017 8/21/2017 $0.64
4/13/2017 5/15/2017 $0.64
1/13/2017 2/15/2017 $0.64
10/14/2016 11/15/2016 $0.57
7/15/2016 8/15/2016 $0.57
4/15/2016 5/16/2016 $0.57

直近4回分の配当金の合計は……年間で$4.39。

ABBVの2020-02-19の終値は$93.61でしたので配当利回りは4.68%(税引前)     
お花畑投資家としては……そんなん買うしかねぇだろ!って事であと、50株の買増しで合計100株までは買増したいと考えてます。

ただし、現在の米国株の過熱感も指摘されつつあるので急がず……ポジポジ病を封印してじっくり待つ作戦で行きたいと……固く誓っています。

ABBVの週足チャートはこちら

abbvのチャート
abbvの週足チャート 出典:SBI証券

現在(2020-02-20)は93ドル台ですがいずれ100ドルに一度はいくと思っており、そこまでは握力強めで保有したいと考えています。

外国株もNISA(ニーサ)運用で非課税になります!!!

もし、まだNISA(ニーサ)運用をしていない場合は、NISA(ニーサ)口座の開設は絶対おすすめします。配当金と値上益で年間に100万円の利益なら約20万円も税金として差し引かれます。

税金が重い

NISA(ニーサ)なら配当も値上がった場合の値上り益も全部、非課税♪

なんどでも言います。NISA(ニーサ)なら税金はタダ。儲けたら全部あなたのものです♡

NISAの運用ならSBI証券楽天証券 がおすすめ。

正直、どちらも人気証券会社でNISAの買付手数料はタダ。通常の買付手数料も一定額まではタダとなってます。いったい、どこで儲けてるの状態でしょうね…

TポイントがメインならSBI証券、楽天ポイントを集めてる方なら楽天証券 なんて決め方でも良いと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます

ペリカン
応援して頂けるとありがたいです。よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

【ランキング】クロス取引するなら…おすすめ証券会社は

【ランキング】NISA運用するなら…おすすめ証券会社は

合わせて読みたい記事

ABOUT US

楽しくお金と付き合って、ちょっと得する情報を発信。 「初めて知った!」とか 「知らなかったら損するところだった!」とか 共有したいと思う事はブログで発信したいと思います。 40代の子育て家庭です。 そして、数年務めた会社を退職。 まだまだ体力気力もあり次のステージを模索中。←いまここ。