2019年【薬が買える優待】クリエイトSD(3148)の株主優待が到着!

ペリカン(@Pelican_Blog )です。
本日も、ブログをご覧いただきありがとうございますm(__)m

2019年10月2日にクリエイトSDホールディングスから株主優待が到着しました。

到着したのはお買い物優待券1500円分。近くに店舗が無い場合は、全国共通お米券3枚(1,320円分)と交換できます。

お米券と言えば株主優待などで頂いた場合はいつも「スギ薬局」で使っています。特にお米を買わなくても通常の買物で使用出来ます。

クリエイトSDの株主優待をゲットするにはどのタイミングで取得したらいい?

毎年5月末日の株主名簿に記載された1単元(100株)以上を保有する株主に贈呈されます。

株主優待の内容

「薬クリエイト」お買物優待券(1枚500円相当)を贈呈

 
100株以上3枚 (1,500円分)または全国共通お米券3枚
300株以上8枚 (4,000円分)またはカタログギフト
1,500株以上16枚 (8,000円分)またはカタログギフト
3,000株以上24枚 (12,000円分)またはカタログギフト

※お買物優待券は、株式会社クリエイトエス・ディーの店舗(「薬クリエイト」)における券面額以上(税込)のお買い上げ時に使用可能。ただし調剤薬局ではご利用になれません。
※またお買物優待券は、処方箋薬やタバコ等、一部商品にはご利用いただけません。
※お買物優待券の有効期限は、発効日から1年間です。
※対象店舗の無い地域にお住まいの株主様など、ご希望の場合は、お買物優待券に代えて以下の代替対応を選択可能です。
 ・100株以上300株未満:全国共通お米券3枚(1,320円分)
 ・300株以上     :当社指定のカタログギフト
 ただし株主様ごとにお買物優待券かカタログギフト(300株未満はお米券)のいずれか1種類を選択していただきます。
 (お買物優待券進呈基準枚数の一部のみカタログギフト等に交換することはできません。)

優待券見本

株主お買物優待券

最低投資金額

株価購入枚数投資金額
2,486円100株248,600円
300株745,800円
1500株3,729,000円
3000株7,458,000円

※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。
※最新の株価はこちら (リンク先:Yahoo!ファイナンス)

クリエイトSDの株主総会お土産情報

クリエイトSDホールディングスは例年、新横浜国際ホテルで株主総会が開催されます。お土産に関してはプライベートブランド商品の詰め合わせを出席株主に配布されています。

ただし、最近は公平性の観点から総会のお土産を廃止する企業が多くなっていますのでお土産を主な目的なら、招集通知等を事前に確認する事をおすすめします。

3年チャート

3年チャート 出典:SBI証券

3年チャート 出典:SBI証券

投資指標 20/05期(連)

予想PER

15.26倍

予想EPS

162.9

実績PBR

2.04倍

実績BPS

1,216.24

予想配当利

1.53%

予想1株配当

38

1株データ更新日:2019/08/16
※最新の株価はこちら (リンク先:Yahoo!ファイナンス)

クリエイトSDの配当状況

 2014年2015年2016年2017年2018年2019年
配当金中間期末中間期末中間期末中間  期末中間  期末中間  期末
283030353515151617171818
配当性向22.40%21.30%18.20%19.40%22.50%23.30%

※2015年12月15日付の株主に対し、1株を3株に分割しています。

配当金・配当性向推移表

配当金・配当性向推移表

配当金は連続増配を実現しています。2020年5月期も年間配当を38円と前期より2円増配予想と発表しており19年10月4日の終値で配当利回りは15.3%と利回りが良いとは言えません。ただし、配当性向は余裕がありそうなので業績予想が仮に達成できなくても減配リスクは低いかと思います。

2020年5月期の見通し

今後の見通しにつきましては、引き続き景気動向は明るい兆しが見られるものの、世界経済、地政学的リスク、消費者の節約指向などの要因から、わが国経済の先行きは依然として不透明な状況で推移するものと考えられます。

ドラッグストア業界におきましても、業界の垣根を越えたより一層の競争の激化や業界再編の動きの活発化が考えられ、厳しい経営環境が続くと想定されます。

このような状況の中で、当社グループは、地域での総合ヘルスケアサポートに根ざした強固なドミナント形成によるエリア内でのシェアアップを引き続き推進してまいります。これまで構築してきた小商圏における高来店頻度のビジネスモデルを土台に、世の中の変化に適応する施策を進めてまいります。

具体的には、超高齢社会の到来に対して、在宅対応を含めた「かかりつけ薬剤師」の育成、健康サポート機能を有する「かかりつけ薬局」の展開をしてまいります。

キャッシュレス化の推進に対しては、自社電子マネー機能付きポイントカードを導入し、お客様の利便性向上とともに、金銭管理負担の軽減を図ってまいります。また、Eコマースの隆盛、マスからパーソナルへの変化に対して、ドラッグストアの専門性としてのヘルスケア&ビューティケア商品の展開強化と、お客様との触れ合いを大切にする経営理念に即した接遇強化を推進してまいります。

介護事業につきましては、有料老人ホームでは、美味しい食事の追求、ペットと暮らせる環境の整備や、後方業務の効率化による対人サービスの充実などにより、顧客満足度を高めてまいります。またデイサービス事業では、デイサービスセンターの定員拡大をさらに進めるとともに、1日型デイサービスセンターでの生活リハビリ、レクレーションなどを充実させ、収益性の向上を図ってまいります。

引用元:クリエイトSD決算短信より

2020年5月期業績予想 出典:決算説明資料より

2020年5月期業績予想 出典:決算説明資料より

最後に

現状、ドラッグストア業界は再編や増税後の売上など気になる点はいくつかあり、個人的には身重要ポイントの一つとしている配当利回りが低いのが気になり保有する予定はありませんが、つなぎ売りを利用しての株主優待は取得したいと思います。

※売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

応援して頂けるとありがたいです。よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

楽しくお金と付き合って、ちょっと得する情報を発信。 「初めて知った!」とか 「知らなかったら損するところだった!」とか 共有したいと思う事はブログで発信したいと思います。 40代の子育て家庭です。 そして、数年務めた会社を退職。 まだまだ体力気力もあり次のステージを模索中。←いまここ。