Twitterはこちら

【2019年7月】大幅下落した今がチャンス!買うべき銘柄6選

今回の選定基準はこちら


①全市場を対象

②全業種対象

③自己資本比率(%)
 当期純利益の純資産に対する比率で、総合的な立場から収益性を判断する指標

 40%以上の自己資本がある企業が対象です。

④ROA(総資産当期利益率)(%)
 当期純利益の純資産に対する比率で、総合的な立場から収益性を判断する指標

 ROAが6%以上の効率的な利益を上げている企業

⑤過去5年増収比率(予)
 過去4年間+今期で、営業利益が増収となった比率を現した指標

 過去5年の増収比率が10%以上成長してる企業

⑥PER(株価収益率)(倍)
 株価が割安か割高かを判断するための指標

 PERが15倍未満の割安な株

⑦配当利回り(予)(%)

 現在の株価に対して年利4%の配当予定


設定条件結果の企業の特徴

  • 効率的に利益を出している
  • 安定して成長しているのでキャピタルゲインも狙える
  • 財務的にも健全
  • 配当もしっかりとありインカムゲインが狙える



全ての条件を満たしたリストはこちら↓

 

コード 銘柄名 現在値 投資金額 自己資本比率(%) ROA(%) 過去5年増収比率(予)(%) PER(倍) 配当利回り(予)
1808 長谷工コーポレーション 1,122 112,200 47.47 13.7 15.54 3.82 5.35
1820 西松建設 2,053 205,300 42.3 6.1 24.58 5.98 4.95
1961 三機工業 1,194 119,400 45.84 6 25.47 7.96 4.27
4182 三菱瓦斯化学 1,382 138,200 62.55 8.7 19.54 5.37 4.88
4208 宇部興産 2,160 216,000 44.51 6.5 14.19 6.92 4.08
9880 イノテック 848 84,800 63.89 7.5 17.54 9.07 4.83

2019年7月18日終値

常に注視する必要がありますが現時点では倒産の可能性は、ほぼないですね。さらに割安で配当も良いって言う銘柄です。

仮に7銘柄を上記の金額で一単位ずつ購入すると約109万万円

平均利回りは約4.7%

金額にして5万1400円(税引前)

NISAで購入するのもいいと思います。NISAは一定の条件を満たせば非課税で運用が出来ます。配当金も再投資に回せば飛躍的に利回りは良くなります。
まさに長期投資の醍醐味ですね。

インカムゲイン(配当金)とキャピタルゲイン(値上り益)をダブルでゲットできる可能性があります。

年間配当金を180万円(月15万円)を目指している私はNISA運用は欠かせません。NISA枠以外でもタイミングをみて取得したいと思います。

 

※売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。


【2019年8月】優待マニアが選ぶ8月権利優待ベスト10


↓おすすめ証券会社ランキング↓

【ランキング】クロス取引するなら…おすすめ証券会社は


【ランキング】NISA運用するなら…おすすめ証券会社は


最後までお読み頂きありがとうございます
ペリカン
応援して頂けるとありがたいです。よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です