google adsenseからの警告 お名前ドットコム編

ads.txt ファイルってなんだ

突然、google adsenseの画面に警告が表示されてました。

表示内容は
(要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。)

googleのヘルプをみてみますと。。。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

難しいですよね。私もよく分かりませんでした。
自分のサイトの広告枠はGoogle AdSenseに対して許可を与えていますってことですので閲覧者の為にも準備しといた方が無難かもしれません。

設置に関ては使用してるサーバーによって手順が違いますので今回は私が使用してます”お名前ドットコム”での手順を掲載させていただきますね。

まずads.txtを用意します。
ads.txtを作るにはメモ帳などのテキストエディタを起動し


google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

この一文を貼り付けます。
「pub-0000000000000000」の部分はご自身の「サイト運営者 ID」を入力します。
この000000…の部分はGoogle AdSenseのサイトよりアカウント情報より参照が出来ます。

貼り付けたら、ファイルのタイトルをadsと入力し、テキストファイル(.txt)として保存します。

お名前ドットコムのコントロールパネル

最近スタイリッシュに変わったような気がします。まずは赤枠の「ファイル管理」をクリック。

ファイル管理の次の画面ででは「ファイルマネージャー」へ進んでください。

ファイルマネジャーを開くと「public_html」がありますのでその中に対象のドメインがあると思います。
そのドメインに先ほど保存した「ads.txt」ドラッグ&ドロップしてください。

最後に、
ご自分のドメイン名/ads.txtを入力して確認してください。

※例:http://〇〇〇〇〇.com/ads.txt

正しく設置できてると下記の様な表示がされます。

問題なく表示されれば終了です。

お疲れさまでした^^

応援して頂けるとありがたいです。よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

楽しくお金と付き合って、ちょっと得する情報を発信。 「初めて知った!」とか 「知らなかったら損するところだった!」とか 共有したいと思う事はブログで発信したいと思います。 40代の子育て家庭です。 そして、数年務めた会社を退職。 まだまだ体力気力もあり次のステージを模索中。←いまここ。