Twitterはこちら

持続可能じゃないと意味がない!高配当FIRE民が配当金以外の収入を改めて検証してみたら驚きの結果に

高配当FIRE民が配当金以外の収入を改めて検証してみたら驚きの結果に

高配当銘柄と株主優待をこよなく愛する自称『ハイブリット投資家』のペリカン(@Pelican_Blog )でございます。

 

本日も、ブログをご覧いただきありがとうございます┏○))ペコ

 

今回は趣向を少し変えて私ペリカンの金融収入を改めてチェックしてみたいと思います。

 

配当金収入の内訳はこちら

毎月、保有株式からの配当金収入は記事にまとめていますのでサクッとまとめますね。

ペリカンの配当金推移

上記は2022年の推移表となっています。

 

  配当金(税引前) 区分
1月 178,192 確定
2月 117,844 確定
3月 347,619 確定
4月 140,479 確定
5月 169,406 確定
6月 1,589,582 確定
7月 98,561 確定
8月 112,862 確定
9月 310,000 予定
10月 100,000 予定
11月 180,000 予定
12月 1,130,000 予定
2022年合計 4,474,545 予定

2022年に実際に入金(予定)があった配当金を月毎にまとめました。6月と12月に偏っていることがわかりますね。理由は主力銘柄が任天堂、三井住友FG、三菱商事、西松建設など、全て3月決算。3月決算企業の場合、株主への配当金が振り込まれるのは株主総会後の6月中旬以降が一般的で9月の場合は12月の振込となります。ですので入ってきた配当金をそのまま生活費にする場合は注意が必要ですね。

 

配当金の入金に関しては特定口座(源泉徴収あり) にしていますので税金を差し引かれて証券口座に自動的に入金されます。ですから実感はあまりなく、ほとんどが再投資となっています。

 

株主優待品を金額換算してみたら想像を超える結果に!

株主優待品
1月 19,000(5個)
2月 132,950(45個)
3月 337,520(122個)
4月 41,000(11個)
5月 26,000(11個)
6月 112,600(29個)
7月 11,000(3個)
8月 104,050(37個)
合計(8月まで) 784,120(263個

こちらは株主優待品を時価換算した金額となります。株主優待品にはクレジットカード系のギフト券やお米券、自社の店舗て利用できる商品券、QUOカード、カタログギフト、食事券など様々ですが、私なりの基準で金額換算したものですので実際の価値とは若干違いますがご了承ください。

我が家ではお米、コーヒーやジャム、お値段が高めのフルーツや肉類、洗剤やティッシュペーパーなどは1年を通してほとんど購入することがありません。それらのほとんどを株主優待でまかなっている状況です。特にフルーツなどは季節に応じて食べきれないほどの量が届くので知人へのおすそ分けしている程です。最近ではQUOカードを利用してガソリンまで株主優待で賄っており株主優待の恩恵を受けています。

 

米国金利上昇の結果、分散投資していたドルの金利が無視できない額になりました。

FXスワップ金利(税引前)
1月 3,672
2月 2,338
3月 7,200
4月 11,615
5月 12,410
6月 18,000
7月 29,747
8月 48,505
合計(8月まで) 133,487

年初からスワップ金利収入が増えているのがわかりますよね。

米国10年債の金利上昇にともない日米(ドル円)の金利の差が広がりドルのポジションを保有していると毎日金利(スワップポイント)がもらえます

直近の金利(スワップポイント)はこんな感じ

スワップポイント

上記はドル建てポジション1万ドルに対してもらえる金額を表しています。私の場合は19万ドルを保有しているので毎日1,710円(19×90円)もらえる計算になります。単純計算で1カ月で51,300円となります。これだけの不労所得があるとたすかりますよね。

 

FX取引にかかる税金

FX取引は売却益とスワップポイントに対して一律20.315%の税金が課せられます。内訳は下記の通りです

・所得税15%
・住民税5%
・復興特別所得税0.315%

FIREとFXに関しての見解は…

リタイヤするなら持続可能でなければ意味はないと思っています。個人的な見解ですが私自身はFXに関しては否定的(短期取引は)です。理由は短期売買はゼロサム(誰かの儲けは誰かの損失)ゲームでしかないのです。という考えからFIRE後は一度も短期での取引をしていません。

唯一、資産の分散で外貨(新興国通貨以外)の実需買いならFXはアリだと思っております。ですから私自身は2012年10月に79円台での米ドル(19万ドル)を資産の分散という理由で保有し続けているだけです。

 

FXで長期保有するなら国内大手FX会社が鉄則です!!

おすすめ:【DMM FX】口座開設のお申込みはこちら

まとめ

収入源のまとめ

 

  配当金 スワップ金利 株主優待 合計
1月 178,192 3,672 19,000 200,864
2月 117,844 2,338 132,950 253,132
3月 347,619 7,200 337,520 692,339
4月 140,479 11,615 41,000 193,094
5月 169,406 12,410 26,000 207,816
6月 1,589,582 18,000 112,600 1,720,182
7月 98,561 29,747 11,000 139,308
8月 112,862 48,505 104,050 265,417
合計 2,754,545 133,487 784,120 3,672,152

いかがでしたか?私の投資スタイルは高配当、高財務企業への長期投資及び、高配当かつ株主優待実施企業を主力に投資しております。投資手法は様々ですが、FIREするなら持続可能が最低条件だと思います。株主優待で活用しならがの配当金生活は、面白いぐらい生活コストが下がります。その分も再投資していますのでドンドンお金が増える好循環になっているのが現状です。

 

不動産収入や副収入、貸株、ポイ活などの収入の多様化することで更に安心感が増します。持続可能なFIREじゃないと意味ないですからね。

 

もし、配当金生活に興味があるなら、初めの一歩として、『自身の資産の把握』をすることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

資産管理アプリで自身の資産と生活コストが把握できればかなりイメージがわいてくると思います。ですからまずは無料アプリ登録から始めましょう。使っていないクレジットカードやポイント、マイレージも忘れずに登録してくださいね。

 

アプリを利用することで万が一、クレジットカードが不正使用されても登録することで早めに気づく事ができることはリスク管理の面からも大きなメリットがあります。

 

また各種ポイントやマイレージの期限越え失効も防げたりします。ポイントやマイレージも大切な資産ですからね。

 

あまり知られていませんが完全無料の資産管理アプリのお金のコンパスを設定することをオススメします。(完全無料で連携無制限の最強アプリです

 

資産管理ソフトといえばマネーフォワードが最も有名ですが無料版は連携が10個までに対して『お金のコンパス』は連携できる件数が無制限となっているので最初の一歩としてはこちらで問題ないと思います。ちなみにお金のコンパスは東海東京フィナンシャル・ホールディングスの子会社が運営しており連携先はマネーフォワードのエンジンを利用しているので安心して利用ができます。

 

証券会社、銀行口座、電子マネー、クレジットカード、ポイントサイトなど2600種類ものサービスに連携できます

 

広告なしで無料の資産管理ソフト

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

Money Compass Japan, Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

↓日々株ネタをつぶやいております。よかったらフォローお願いします!!!!

 

ポチッてくれると
嬉しいです
m(__)m

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

 

【おすすめ証券会社ベスト3】株主優待タダ取り(クロス取引)するなら

SBI
1日あたり100万円まで手数料が無料
rakuten1日あたり100万円まで手数料が無料
日興証券

信用取引手数料無料

マネックス証券分析ツールはナンバーワン

松井証券クロスするなら口座開設必須でしょ

合わせて読みたい記事

2件のコメント

1年ごとに配当金額が100万円上がっていくなんてすごいですね。
優待の金額もものすごいことになっているので、圧倒されてしまいます。
自分はまだ年間日米配当金を合わせて220万程度ですので、もっと精進したいと思います。

八景文庫さん
コメントありがとうございます!!
株主優待で節約しながら配当金をできるだけ再投資にまわしていたら雪だるま式に増えました。
既に220万の配当金があるので再投資することでどんどん増えていくのが実感できるレベルですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Pelican
楽しくお金と付き合って、ちょっと得する情報を発信。 「初めて知った!」とか 「知らなかったら損するところだった!」とか 共有したいと思う事はブログで発信したいと思います。 40代の子育て家庭です。 そして、数年務めた会社を退職。 まだまだ体力気力もあり次のステージを模索中。←いまここ。