【9/3更新】まだ間に合う!9月権利の好業績&高配当利回り銘柄12選!

はじめの一歩。不労所得を年間で10万円を目指せ!

私自身、『高配当』の定義を配当利回り3.5%以上としています。現在の株式市場では3.5%を超える高配当銘柄はゴロゴロしています。そういった中、数ある高配当銘柄の中でも好業績の銘柄を紹介したいと思います。

銘柄選択のポイント

  1. 時価総額が500億以上
  2. ROEが10%以上
  3. 過去3年と今期予測で平均の成長率が5%以上
  4. 配当利回り3.5%以上

以上の条件で選定しました。

要するに会社規模はそこそこで効率的に経営しており、成長続いている上に株主への配当もしっかり行っている企業。って事です。

配当利回りだけで言うとJT(日本たばこ)は7%ありますが成長率が条件より低いため選定されていません。あくまで現時点で成長が期待できる銘柄を選定してました。

ROEとは
ROE(自己資本利益率)は、企業が自己資本をいかに効率的に運用して利益を生み出したかを表す指標です。株主から見ると、自己資本利益率が高い会社は「投資したお金を使って効率よく稼いでいる会社」であると見ることができます。
ROE(自己資本利益率)の目安は一般的に10~20%程度であれば優良企業であると判断されます。

配当金も株価も、成長する事が大事!

株価と配当金が成長してくれると、面白いように資産が増えていきます。
会社が成長したら配当金も増配されますからね♪

No.コード会社名最低投資価格配当利回PERPBRROE時価総額自己資本
15019出光興産280,7005.705.31.011984829.14
29434ソフトバンク149,9505.67155.7638.497,17821.59
34188三菱ケミカルHD73,7705.426.60.8112.191,11124.73
45020JXTGHD44,3004.974.60.5411.771,47532.06
56301小松製作所224,0504.9110.11.211.842,17949.9
68058三菱商事258,8504.836.90.7210.534,11634.45
74005住友化学46,4004.747.70.7710.0176831.49
81928積水ハウス186,7004.349.31.0911.751,29049.02
98001伊藤忠商事210,6504.046.71.1417.023,33929.08
103407旭化成96,3203.749.10.9810.681,35153.65
118015豊田通商331,5003.627.80.9812.541,17426.92
121801大成建設369,0003.5281.1514.382939.02
butsuyoku_man

ほったらかし投資でお金に働いてもらいましょう!

増配もしくは減配しない有望株になり得る銘柄を長期投資するのが一番です。

私自身、5年以上保有し続けている銘柄が多数あり。株価自体も成長しており、その間に得た配当金は全て再投資してますので資産は大きく膨らみます。

※売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

まだ間に合う!【9月】株主優待マニアの取得予定リストを全部みせます

2019年9月16日

【2019年9月】優待マニアが取得するべき株主優待を教えちゃいます!

2019年9月6日

おすすめ証券会社

ほったらかし投資と言っても常に保有株の業績やニュースは定期的に確認する必要があります。

株主優待もゲットしたい場合は下記の証券会社がメリット有

 証券会社一般信用売建貸株料(売方)
(1年あたり)
松井証券2.00%
カブドットコム証券長期銘柄 1.5%
売短銘柄 3.9%
SBI証券無期限 1.10%
短期 3.90%
GMOクリック証券 1.45%
日興証券1.40%
楽天証券無期限 1.10%
短期 3.90%
マネックス証券無期限 1.10%
大和証券1.50%

 

応援して頂けるとありがたいです。よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

2019株主優待タダ取り【クロス取引・つなぎ売り】マニュアル

2019年6月18日
注意
※実際に投資する際は最新のデータを確認して自らの判断にて自己責任でお願いします。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

楽しくお金と付き合って、ちょっと得する情報を発信。 「初めて知った!」とか 「知らなかったら損するところだった!」とか 共有したいと思う事はブログで発信したいと思います。 40代の子育て家庭です。 そして、数年務めた会社を退職。 まだまだ体力気力もあり次のステージを模索中。←いまここ。