3月株主優待の百十四銀行(8386)から讃岐もち麦ダイシモチが到着!

讃岐もち麦ダイシモチ は2回目の選択

百十四銀行のカタログギフトからの選択品が到着しました。前回も注文しましたが、食感がめちゃくちゃよく今回も「讃岐もち麦ダイシモチ」をリピート。


この讃岐もち麦ダイシモチは健康的にも、相当良いらしいです。
(健康オタクじゃないのでそこまでは気にしてませんが…。)


讃岐もち麦ダイシモチには、精白米の約30倍もの食物繊維が含まれており、生活習慣病の予防に効果があるといわれているβ-グルカン(水溶性食物繊維)が、とりわけ豊富に含まれています。 
ご飯に1~2割混ぜて炊くだけで、気軽にもっちりおいしい麦ご飯を食べることができます。

説明にはご飯に1~2割混ぜてとなってますが、おすすめは0.5割位です。
これで十分、プチプチ感を味わえます。

我が家は電気炊飯器は使用せず、毎回圧力鍋で炊いているみたいです。

炊きあがったらお櫃(おひつ)にいれて保管してます。お櫃(おひつ)を使い始めてから4~5年ですが、ほんと「昔の人の知恵」ってすごいって関心です。

お櫃(おひつ)そのものが「勝手に炊き上がったごはんを最良の状態」にしてくれ、一度食べたら、炊飯器の保温している、ごはんは食べれなくなります。
ごはんもつやつやのピッカピカになります。冷めてもおいしいし、むしろ冷めた冷ご飯の好きかも…

↑我が家で使っているお櫃(おひつ)。
4~5年たっても、いまだに木の良い香りがしており、炊飯器に比べればかなりお手頃で買える上、お櫃(おひつ)があるだけで生活が豊かになった気がします。

お櫃(おひつ)の文化、おすすめです。

最後までお読み頂きありがとうございます


応援して頂けるとありがたいです。よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

楽しくお金と付き合って、ちょっと得する情報を発信。 「初めて知った!」とか 「知らなかったら損するところだった!」とか 共有したいと思う事はブログで発信したいと思います。 40代の子育て家庭です。 そして、数年務めた会社を退職。 まだまだ体力気力もあり次のステージを模索中。←いまここ。